転出届 発行 手続き

転出届の発行

新居に移動する前にしておいたほうがいいのが転出届です。

 

 

とは言っても引っ越した後にまた来るのが不可能なくらい遠い地域に引っ越した
場合だけで私はいいと思っています。

というのも私の場合は引越し先が今住んでいる県の隣だったのでこの手続きをするよりも
もっと先にしなければいけないことが多かったので引越しの後にしました。

引越し前に必ずしなければいけないとか罰金が発生するとか言っているサイトも
ありますが実際のところこの手の手続きは後でやっても十分間に合いますし、
滅多なことがない限り罰金が発生することはありません。

 

なぜこのようなことが言えるのかというと私自身大分前の話になりますが
急な引越しではなく普通にした引越しで転出届と転入届けを一切出さずに
4年間ぐらい住み続けていたのですが5年目にさすがにまずいと両方一気に
行なったのですが全く何も問題はありませんでした。

 

そもそも引越しをした具体的な日にちを役所の人が知る術はありません。
但し、脱税などの違法な行為を理由にした場合には罰金を取られることも
あるようなので気を付けたほうがいいかもしれません。

 

また、国民保険や印鑑登録、児童手当などの手続きをしなければならない場合は
役所に行く日を1日だけ作って全部一辺に済ませておくと後々楽になります。

 

もしくは遠い地域への引越しの場合は引越し後に来るのが億劫になるので
引越しの前に手続きをしておくといいでしょう。

 

転出届けは引越しの14日前から受付をしています。
発行までの時間は時期にもよりますが普通だと1時間もかかりません。