退去の連絡

退去の連絡

急な引越しの時に一番トラブルになりやすいのが退去の連絡です。
引越しの際の退去の連絡というのは通常は物件を借りる時の賃貸借契約書にいつまでに
誰にどうやって連絡をするのかということが記載されています。

 

早ければ3ヶ月前で大抵の場合は1ヶ月前までには大家さんやその物件を管理している
不動産会社へ退去の連絡をしなければなりません。

 

本来であればこの退去の連絡をまず先にしてもいいのですがいつ引越しをするのか
具体的な日にちがわかっていないと退去の連絡を受け付けたことにならないということもあるようです。

 

なので先に引越し業者に見積もりをしてもらって具体的な日にちが決定してから
のほうが連絡はスムーズにいくのではないかと思います。

 

急な引越しの場合は契約内容によっては引っ越した後の家賃を1ヶ月分ぐらい
支払わなくてはいけないケースもありますがこれは人それぞれです。

 

契約で退去の連絡の期日が決まっていても大家さんや不動産会社の裁量によるところも
あるので連絡の時に確認しておくといいでしょう。

 

いくら仕事の都合だとしても明らかにこちら側に非があるので無理に話を
こじらせてトラブルになるよりは素直に従っておいたほうがいいでしょう。
ちなみに私の場合はかなりギリギリでしたが家賃の支払いは引越し当日まででOKでした。

 

日割り計算などいろいろな打開策もあるので話し合ってみるといいでしょう
その場合はビックリするぐらい下手に出て申し訳なさをアピールしてみましょう。
(当然それをしたからと言って大丈夫ということはないですが・・・)

 

この退去の連絡の時に明け渡しの日にちが決まるので必要な書類や物(敷金の預り証や鍵)の
準備をするようにしましょう。ちなみに明け渡しは不動産屋さんと自分だけで行う場合も
ありますし、大家さんが立ち会うこともあります。

 

急な引越しの場合でもこの退去の連絡は早いに越したことはないので引越しの日にちを
すでに決めている場合は見積もりと同時かもしくは少し早めにしていてもいいでしょう。