退去 掃除

退去前の掃除

退去前には住んでいた部屋をある程度キレイにしておくのがマナーになっています。

 

全ての荷物を運び出したら一度部屋を掃除しなければいけません。

 

これが面倒くさいという人はハウスクリーニングを頼むのもいいのですが
ハウスクリーニングは意外と料金がかかりますし時間がかかります

 

ある程度時間に余裕がある場合は頼んでもいいのですが結局退去した後は
大家さんがハウスクリーニングを入れるのであまり意味はありませんし、
自分で簡単にでも掃除をした場合と帰ってくる敷金はさほど変わりません。

 

ハウスクリーニングの料金を考えると頼んだほうがマイナスになるかもしれません。
それでも自分で掃除をする暇も手間も掛けたくないという場合は見積もりを取ってもらいましょう。

 

この場合もハウスクリーニングの業者の見積もりを一括で取れるサイトを利用します。

 

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

100社以上のズバット見積もり参加業者から
最大5社まで選んで見積もり依頼が可能!

 

もちろん見積もりの依頼は無料!

 

料金の相場や利用者満足度の高い業者
を比較することができます。

 

全国の地域にも対応しているので住まいの地域に
限らず見積もりをしてもらうことができます。

 

 

 

このサイトで比較して料金が安くて素早い対応をしてくれる業者があったら
ハウスクリーニングを導入してもいいかもしれませんね。

 

私の場合は明け渡しの当日に3時間ぐらい自分で掃除をしました。
正直水周りと床を掃除しただけだったのですがちゃんと敷金は普通に返ってきました。

 

私の場合は明け渡しの時に管理会社の人だけだったのですが大家さんなども
立ち会っているといろいろと突っ込まれることもあるようです。

 

それでも原状回復費というのは基本的に持ち主の負担なのでこちらが払うことはありません。
(契約の内容によっては一概には言えないのですが・・・)

 

 

それでもある程度キレイにして置くことは最低限のマナーなので掃除はしましょう。
サッと掃いてサッと拭くぐらいの掃除でも全体の印象は大分変わります。
全く掃除をしていないのと少しでもしているのでは自分への印象も変わりますしね。