海外へ引越し

海外へ引越しする時の注意点

国内の引っ越しでも事務手続きなどなにかと面倒なことが付きまといます。

 

それが海外への引っ越しならなおさら面倒が増えてしまうことでしょう。
まず国内の引っ越しと海外の引っ越しの大きな違いは、パスポートが必要となることです。

 

海外旅行をしたことがない場合にはまずパスポートの発行手続きをしなければいけません。

 

さらに、引っ越しとなると当然海外へ居住することとなりますからビザが必要になります。

 

ビザの発行手続きのためにはパスポートがなければいけません。
パスポートを発行し、それからビザの発行手続きを行うという手順になりますが
ビザは申し込みをしてから発行されるまでに1週間以上かかることが多いです。

 

ギリギリになって慌てないようパスポートの発行とビザの申請は海外への移住が決まったら
早めにすませておきましょう。

 

また、引っ越しの荷物にも制限がかかってしまうのが、海外への引っ越しの注意点です。

 

海外への荷物の持ち出しは、引っ越し荷物に限らず、
海外旅行の手荷物という小規模なものであっても輸出品扱いとなってしまいます。

 

日本国外へ持ち出しできないとされているもの・対象の国で持ち込みを禁止されているものに
注意をして荷作りをしNGな荷物は諦めなければいけません。

 

輸出に事前の申請が必要な荷物もあります。
例えばペットは家族も同然ですから一緒に引っ越ししたいものですが、
動植物の輸出のためには検疫を受けなければいけないんです。

 

 

>>>国内の急な引越しに役立つ情報はコチラ<<<