荷造り コツ

荷造りをする時のコツ

最近は引越業者に荷造りを全てお願いできる引越しプランがありますが
費用を安く抑えたいという場合には自分で荷造りをすることになる人が多くなると思います。

 

正直面倒臭いですがやらなければいけません。
荷造りをする時のポイントをこの記事では紹介していきます。

 

中身がわかるようにする

これはほとんどの人がしていることですが、中に何を入れているのかを
開けなくても確認できるようにするために荷物を入れたら何が入っているのかを
マジックなどで直接ダンボールに書き込んでしまいましょう。

 

その時にダンボールを荷造りが完了した順に番号をふったり、新居のどの部屋に
持っていくのかも書いておくと新居に行ってからの整理が楽になります

 

ちょっと多いかな?というダンボール数を用意する

実際に荷造りを始めると自分で思っていたよりも荷物が多かったというのは
よくあることです。大抵見積もりの時に引越業者から無料でもらう時には
大体の個数を引越業者の人が揃えてくれますが自分でダンボールを準備する
時には少し多めに用意しておくといいでしょう。

 

荷造りの途中で足りなくなると作業が途中でストップしてしまいますし、
わざわざダンボールを調達する手間もかかってしまいます。

 

使用頻度の低いモノから荷造りを始める

荷造りをする時にはまず普段あまり使っていないものから始めるのが基本です。

 

そして、もし部屋が複数ある場合には奥にある部屋にある荷物から整理していくと
スッキリと荷造りを終わらせることができます。せっかくダンボールにしまった
のにまた開けて取り出すことがないように意識して進めましょう。

 

重いものは小さなダンボールに入れる

重いものを大きなダンボールに入れてしまうと収納の時はいいのですが
いざ荷物を運び出すときに重すぎて一人では持てなかったり、運んでいる最中に
ダンボールの底が抜けてしまうこともあるのでなるべく重い荷物は小さな
ダンボールに入れるようにしてダンボール一個の重量を軽くしましょう。

 

また、ダンボールの底が抜けないように必ずガムテープで底面も補強する
ことを忘れないでください。

 

大きな家具について

大きな家具がある際には、見積もりの時にどうすればいいのか引越し業者の
人に聞いておくといいでしょう。
分解して運ぶのか、そのまま運ぶのか、分解するなら自分でやるのか、
引越し業者の人がやってくれるのか、
こういったことをあらかじめ確認しておくことで無駄がなくなります。

 

 

荷造りをしているとどうすればいいのかわからない荷物がありますが
そういう時は引越業者の人に問い合わせるといいでしょう。