引越し 挨拶

引越しの挨拶について

引越し先で付近に住んでいる人への挨拶は昔は必ずと言っていいほどしている人が
多かったのですが最近では引越しの挨拶をする人は少なくなったと言われています。

 

特に都市圏では少ない傾向にあるようです。

 

しかし、近年は同じマンションやアパートに住んでいる住人同士のトラブルや事件が
多く発生しています。実際にこのような多くの人が密集している住居に住んでいる人への
アンケートによると引越しをした時に挨拶があったほうがどのような人が住んでいるのか
わかって安心できると答えている人が多いようです。

 

都内での一人暮らしは特にこのような引越しの挨拶をするという人は少ないかも
しれませんが子供がいる場合などは挨拶をするに越したことはないでしょう。

 

家族での引越しの場合には子供が何か迷惑をかけてしまうかもしれませんし、
地域の行事やイベントに参加しなければいけないような時にその中に入って
行きやすくなるでしょうし、自分も近所にどのような人が住んでいるのかを
知ることができる機会にもなりますのでぜ挨拶をすることをオススメします。

 

基本的なことですが大家さんや管理人が近くに住んでいるという場合には
挨拶をすることは必須と思っておいたほうがいいでしょう。

 

これは家族だろうが一人暮らしだろうが変わりません。

 

礼儀としては大家さんや管理人の方への挨拶は引越し作業をする前と
引越し作業が終わった後に2回することが常識とされています。

 

この挨拶の時に、地域やその住んでいる所によっても近所への挨拶をしたほうが
良いのか、どのように挨拶をすればいいのかといった情報を聞いておくといいでしょう。

 

引越しの挨拶を行う範囲ですがこれは昔から向こう三軒両隣と言われています。
これから暮らす住居によって違うとは思いますがマンションなどの場合には
両隣と真上と真下の住居に挨拶に行くといいでしょう。

 

引越しをしたら挨拶は速やかに行うことがいいと言われているので遅くても
2、3日以内にはこのような引越しの挨拶をするといいでしょう。