郵便局 転居届け

郵便局への転居届け

引越しが決まったら転居届けを郵便局に提出しなければいけません。
この手続きをすることで今現在住んでいる住所に届いた郵便物を新居に
1年間転送してもらうことができます。

 

また、1年が過ぎても同じ手続きをすればまた1年間転送してもらえます。

 

この転居届けは郵便ポストに投函したり最寄りの郵便局に出向いてできますがいちいち
そんなことをしている暇は急な引越しの場合はないと思うのでネットから手続きをします。

 

オンラインでらくらく転居届けe転居

 

 

当然無料で利用できますし、携帯電話・スマートフォン・パソコン
どれでも手続きを行うことができるのでとても便利なサービスです。
申し込みも大きく分けて3つのステップなので時間を取られる心配はありません。

 

基本的には郵便局への転居届けは引越しの1週間前にはしたほうがいいと言われていますが
ネットから申し込むことで次の日から届いた郵便物を転送してもらうことができるので
引越しをした後に申し込んでも特に問題はないでしょう。

 

ただ、ネットからの手続きだけでとてもスピーディーにできるので
急な引越しで時間に追われていたとしてもそこまで時間がかからないので
空いている時間にでも気がついたら申し込んでおくといいでしょう。

 

もちろん転送してもらうのも無料なので安心です。

 

もし郵便貯金をしている場合には最寄りの郵便局に通帳や届出印、身分証明書
持っていって住所変更の手続きをするといいでしょう。

 

この手続きも引越し前に絶対しなくてはいけないというわけではありません。