転出届 手続き

転出届の手続き

引越しをする時には今住んでいる場所から住民票を移す必要があります。

 

その際にまずは今住んでいる地域の市区町村役場に行って転出証明書
発行してもらう必要があります。

 

この転出証明書は新居の市区町村役場で転入届けを提出して住民票を発行する
際に必要になる書類なので紛失しないように大事に保管しましょう。
同じ市区町村内での引越しの場合には転出届けではなく転居届けになります。

 

急な引越しで本当に時間がないと言う場合には最悪引越しをした後でも
この手続きをすることは可能です。

 

転出届の発行は引越し後14日以内であれば可能になります。

 

この転出届の受付期間は一般的に引越し日の14日前からと言われていますが
お住まいの市区町村によって違う場合もあるので一度確認するといいでしょう。

 

転出届を発行しにいく際に必要なものは以下の三点です。

 

  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 国民健康保険証(加入している場合)

 

 

また市区町村役場に転出届けを発行してもらう場合にはついでに

 

  • 子ども手当
  • 国民健康保険(加入している場合)
  • 医療関係

 

このような手続きも同時にすることができるので終わらせてしまいましょう。

 

ちなみに住民基本台帳カードは郵送で対応することができますので特に
役所に行って手続きをする必要はありません。

 

また、最悪引越し後14日以内に転出届けの手続きが行えなかった場合でも
転出届を発行することは可能ですが、その場合は裁判所によって過料を請求
される場合があるのでなるべく期間内に終わらせるようにしましょう。